「肩こりが足元から治るってほんと!?」

「肩こりが足元から治るってほんと!?」

筋肉がつっぱったり、重たくなったり、痛くなったり、頭痛がしてきたり、
デスクワーク、スマホ、姿勢不良、いろんな日常生活の身体の使い方が重なって引き起こされる「肩こり」に悩んでいませんか?
筋肉をマッサージしたり、湿布を貼ったり、温めてみたり、薬を飲んでみたり塗ってみたり、
その時はいいけど効果が長続きしなくて、調子のいい時と悪い時を繰り返したりしていませんか?

肩こりは足元から身体の重心を安定させることが出来れば楽になります。
記事を見てくれていて実際に肩こりで悩んでいる方は
「え?足を?つらいのは肩だけど・・・」と思われるかもしれませんが
身体に出てくる症状の大半はそこに問題があるわけではありません。

考えてみてください、
肩こりといっても右肩、左肩は左右完全に均等に症状が出ていますか?
実際動かしてみて、特に片方の筋肉が重たい、肩を上げた時に感じるつまり感、など違いがあると思います。

なぜか??それは身体の歪みがあるからです。
もちろん右利き、左利き、両利き、よく使うから疲れやすいということもありますが
今肩こりに悩まされている方は身体の疲労の蓄積、問題などによって
本来備わっている食事、睡眠、をとった時に身体が歪みや筋肉の疲労を治す
自分自身の自然回復力が低下している状態です。

身体の歪みは重心の位置のずれにより引き起こされます。
例えをあげれば、右側に重心の位置がずれてしまっている状態だと
身体が右に傾くことで右肩が下がり筋肉が下方に引っ張られ
その状態で長く過ごしていると疲労がだんだん蓄積してきて、
マッサージしたり湿布を貼ったり薬を使って一時的に楽になっても、
重心が右に偏っている状態だとまた繰り返し肩が凝ってきて、また対処して、の繰り返しになります。

だからこそ肩こりを治すために
筋肉、関節、歪み、に対してではなく
根本原因になっている「重心」に対してアプローチします。

セルフケアで重心を安定させる方法をお伝えしますので、ぜひ実践してみてください。

自分の身体を把握しましょう。座った状態、立った状態どちらでも構いません。
肩をゆっくり上げてみてつまり感、筋肉痛、重さを確認します。
肩 検査①
自分で分かりにくければ、後ろから手をあげてもらって下さい。
肩 検査②

肩の状態が確認出来たら
①座った状態で足を交差させます。
足 交叉①
②上にしている足を身体側に、下にしている足を身体から離すように、5秒間力を加えます。
足 交叉②
③足を組み替えて左右2セット行ってください。

【ポイント】
・力を加える時に肩まで力が入って上がらないようにする
足 交叉③
・足の甲が離れないようにして力を加える
足 交叉④
・身体が後ろに傾かないようにする
足 交叉⑤

ポイントを守ってセルフケアができると重心が安定しますので
最初と同じように肩の状態を確認しましょう。

セルフケアは身体が辛い時だけではなく、毎日繰り返し行うと効果的です(^^)/

最後に
今回お伝えしたセルフケアで症状が改善しない方、慢性的に繰り返し悩んでいる方などは
歪みが強すぎる状態や、関節の変形、肩関節についている腱板の損傷、背骨の間を通る神経の問題などが疑われて
治療が必要とされる場合がありますので一度お電話下さい。TEL06-6659-1608

メールなどでご相談でも構いません。(ご相談、お問い合わせで料金が発生することはありません)
日常生活を快適に過ごせるように全力でサポートします。
根本から解決 足元から健康を
ひろ鍼灸整骨院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です