「膝が痛いとき」の階段の”上り方”について

こんにちは、ひろ鍼灸整骨院の瀧澤です。

患者さんからの相談が多い内容の一つに「膝が痛いときの階段の降り方」があります。

人工関節でうまく膝を曲げる事が出来ない方、膝をぶつけて傷ができている方、靭帯を痛めている方、うまく足に力が入らない方から

「痛い方の膝から上がればいいのか?」

「痛くない方の足から上がればいいのか?」

「いつもわからなくて悩む」とお聞きします。

 

「膝痛」で悩んでいる方が負担少なく階段移動ができるアドバイスを今回お伝えします。

 

【階段を上るとき】

※黄色のバンダナを巻いている右足が力の入らない足です。

 

①痛くない方、もしくは力が入りやすい方の足から先に出します。

②上がるときに片足立ちになり、全体重を支えないといけないので、力の入りやすい足から出し、片足を軸に力の入らない足を引き上げます。

③この時できるだけ歩幅が肩幅ぐらいあると安定して体重を支えることができます。

幅が狭いと上半身が安定せず、危ないので注意しましょう。

 

階段を上がるときは[力のはいる方の足]を先に

 

階段を降りる際のまとめはこちらから

 

【最後に】

膝痛の原因は基本的には日常生活のからだの使い方です。

もちろん遺伝的なものや各個人差がからだにはありますが、

年齢関係なく、痛くない方は痛くありません。

大切なのは普段からの意識付けです。

 

足の専門って足の症状じゃないと行っちゃダメなの??

そんなことは一切ありません。

患者さんからのご紹介で来院された方によく

「足の専門って聞いたんだけど、実は腰で悩んでて・・・。

お願いできますか?」と聞かれますが問題ありません!

足の専門医のひろ鍼灸整骨院ですが、

足元から首、肩、膝、腰、の治療も行っています。

むしろ長年症状が治まらない方、

いろんな治療を試してみてもお悩みが解決しない方は

根本的な原因を治療できていない場合があります。

一度、足元からのアプローチをお試し下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です