今年もハッスル!風船バレー大会(ひろゴンの実家)

こんにちは。

ひろゴンの実家です。

 

先週6月13日(月)~17日(金)までの5日間

恒例のイベント「風船バレー大会」を実施しました。

 

午前午後の1日2回の

計10回開催され、

普段、大人しい利用者様でさえも

反射的に体が反応していまい、

結果、エキサイトしてしまうという

利用者様に大人気の

鉄板の運動イベントです。

 

椅子を対面で配置し

その距離は1メートルから1メートル50センチくらいで設置します。

体力がない方や視力が低い方が参加される場合ほど

短い距離に設定します。

 

ルールは基本は

バレーボールと同じですが、

椅子に座ってプレーするため

立ち上がりは禁止です。

 

風船へのタッチは3回までとし、

相手への陣地内へ

アタックを決めたら得点が入り、

それ以外の風船の落下は失点となります。

 

サーブ権は

プレー開始時のじゃんけんで勝った場合と、

失点後に与えられるものとします。

そして

3点先取したチームが勝ちとなります。

 

サーブ権や点数の設定は

できるだけ速やかに

試合がおこなわれるために

例えば

参加人数はクラスによって異なりますが、

大人数のクラスで

前半で時間が掛かってしまい

後半の時間が足りなくなるのを防止するために

選択されています。

 

プレーが始まると、

風船を触ろうと

立ち上がってしまうケースも少なくありません。

 

その場合は

あえてペナルティは設けていませんが

声掛けをしています。

 

また、

他のイベントでは

高得点を出す利用者さんでも、

力強く風船をたたきすぎるために、

コートから風船が飛びだしてしまったり、

相手にバウンドして

打った自分の方に激しく風船が飛んできて

失点してしまうケースが続出し、

アタックしたがる利用者さんほど

苦戦しておられました。

 

手が届いてしまうため、

風船を反射的に触ったものの

コントロールできず、

コート外に飛び出して失点してしまうケースもありました。

 

 

今回は

事前に風船を2個用意しましたが、

1つ(ピンク)は2日目で空気が抜けてしまい

もう1つ(イエロー)で最後の日まで持たせることができましたが、

10試合終了直後のイベントの締めの挨拶で

スタッフが脇に抱えてお辞儀した際に力が入りすぎて

割ってしまうというアクシデントがありました。

 

とはいううものの

大盛り上がりの末、

ケガ人もなしで無事イベントを終了することができました。

 

6月20日から月末までは

また全体運動として

輪投げを実施していきます。

 

興味がある方は

ぜひデイサービスひろゴンの実家に遊びに来てくださいね。

 

お待ちしています。

輪投げ(ひろゴンの実家)

 こんにちは。

ひろゴンの実家です。

 

ついに6月になりましたね。

今年ももう折り返し地点に近づいてきました。

 

大阪はまだ梅雨入りしていませんが、

日本列島では各地で

雹が降ってきたり大雨が降ったりと

異常気象が続いています。

 

5月の連休以降

季節の変わり目ということもあり

体調を崩すためか

利用者様がプライベートで転倒されている報告を聞いています。

 

高齢化が進むと

骨密度が低下し

骨折しやすくなるため

利用者様にとっての

転倒は骨折のリスクが高くなります。

 

また足の骨折は歩行困難となり

その影響で認知症や寝たきりになるリスクが高くなります。

 

転倒や骨折や認知症や寝たきりを予防するためには

日常的な運動を習慣化させることが

不可欠となります。

 

その運動を習慣化させるキッカケとなるのが

機能訓練型半日デイである

デイサービスひろゴンなのです。

 

多くの高齢者にとって

体を動かすことは簡単なことではなく

特に一人暮らしの方で要介護の方にとっては

自主的に体を動かすことはなかなかできることではありません。

 

デイサービスひろゴンでは

運動を楽しんでもらうために

利用者様同士やスタッフとの交流を大切にし

ゲーム性の高い運動を取り入れています。

 

運動メニューの一番最後に

「全体運動」というのお楽しみの時間を設けています。

 

ひろゴンの実家の

今月の全体運動のメニューは

「輪投げ」を実施しています。

 

トレーニング用の赤・青の2種類のリングを使用し

数メートル先の的に向かって投げる

上肢を動かすことを目的にしたメニューです。

 

もちろん

転倒防止のため

利用者様には椅子に座った状態でプレイしていただきます。

 

今回の的は

ストレッチポールで

リングを投げて的にうまく引っ掛けることができたら

成功です。

 

ほとんどの利用者様が

最初はどう投げたらよいか戸惑いますが

投げる回数が増えてくるにつれ

少しづつ慣れていき

また上手く投げる他の利用者様の動きをみて

工夫して上達していくケースもあります。

   

 

スタッフも皆が上手に投げられる訳ではなく

上手な利用者様のテクニックを真似て

共に成長していきます。

 

「輪投げ」はまだ

始まったばかりです。

今月はどんな交流が繰り広げられるか

とても楽しみです。

 

もしその輪に入りたい方がいらっしゃったら

ぜひ遊びに来てくださいね。

 

お待ちしています。

5月のイベント

こんにちは。ひろゴンの巣でございます。
今回は、5月のイベント『縁日』の様子を
お伝えいたしましょう。
う~ん、縁日と言えば・・・皆さん何を思い浮かべますか?
たこ焼き、綿菓子、りんご飴・・・わたくしなどの幼少のころは
ウナギ釣り、ひよ子釣り?なんかもありましたけど、
ひろゴンでは、魚釣りと射的が定番でございます。
先ずは、「魚釣り」ですが、・・・?

なかには魚以外の物もありますけど気にせず釣りましょう。
釣るだけでは面白くないので釣った魚の中に
「点数カード」「指令カード」が入っております。
例えば、
「早口言葉:右耳 ミニ ニキビを3回上手に言えたら100点」
「もも上げ交互で20回」「笑顔でポーズ」などなど。
皆さん嫌がらずにされていましたが『多分』早口言葉は
むちゃくちゃでしたけど。🤦‍♀️
次に、「射的」これはシンプルに攻めてみました。

 

10点、50点、1000点、̠-100点などのポイントを、
割箸ゴム鉄砲で狙っていただきます。
男女問わず皆さん真剣に狙って高得点の連発でした。

ひろゴンの巣では運動は基より、楽しいイベントも
毎月行っていますすのでご利用お待ちしております。

【告知】

6月のイベントは、白熱の💦『風船バレー』でございます!!

スリッパ飛ばし(ひろゴンの実家)

こんにちは

ひろゴンの実家です。

 

今回は5月の全体運動について

お知らせします。

 

4月は手の運動がテーマで

「パターゴルフ」でしたが、

今月は足の運動がテーマで

「スリッパ飛ばし」を実施中です。

 

「スリッパ飛ばし」は

スリッパを足ででれだけ遠くまで飛ばせるかという競技です。

 

ルールは

①一人ずつ椅子に座っておこなう

②スリッパは一人3つずつ

③実際の距離ではなく

どれくらい前方に飛ばせるかを競う

④最高記録の位置にマーキングをし

その都度更新し最後に残った記録が優勝とする

 

リスク管理としては

①椅子の後方は壁に密着させ

蹴飛ばしの反動で転倒しないようにする

②立ち上がり禁止

③競技者の前方にはその他の利用者様の座席を配置しない

以上の点に十分に配慮しています。

 

実際にプレイしてみると

気合を入れすぎて

スリッパが上方にくるくると回転しながら飛び

まったく前方にいかないケースが続出します。

 

蹴る瞬間につま先を上に跳ね上げてしまうと

つま先がスリッパのカバーが引っかかることで

前方にいこうとする力にブレーキが掛かって

後方への回転が掛かる上に

その反動で上方に跳ね上がってしまうことが

原因かと思われます。

 

後方への回転が強くなると

せっかく前方に飛んだとしても

スリッパが床に落下した際に後方へバウンドしてしまい

測定位置が着地地点より手前になってしまうので

観衆からのため息が聞こえてきます。

 

きれいに飛ぶ場合は

あまり回転せず前方へ

ゆるい放物線をえがいていきます。

 

そのほかには

大正生まれの利用者様の蹴りが非常にきれいに決まっているので

とても参考になりました。

 

その蹴り方は

スリッパを履いたままではなく

サッカーボールを蹴るように

一度足をスリッパから離してテイクバックさせてから

カバーの上方の裏面につま先をヒットさせるという方法です。

この場合は

かなり低空の速いスピードで

スリッパが飛んでいきます。

 

 

このスリッパ飛ばしは

5月いっぱい実施される予定です。

回数を重ねるごとに

皆さんはみるみる上達していきます。

 

興味のある方は

ぜひひろゴンに遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

4月の全体運動(ひろゴンの実家)

 こんにちは。

ひろゴンの実家です。

 

今回は現在ひろゴンの実家で実施されている

全体運動についてお知らせします。

 

3月の全体運動は「タオル落とし」で

主に足を使う運動でした。

 

全体運動は月毎に

「手」の運動・「足」の運動と交互に実施しているため

4月の運動は「手」を主に使う運動

「ゴルフ」を開催中です。

 

「ゴルフ」で使用するのは

パターとボールとヨガマット

それにストレッチポールと空き箱です。

 

パターは実際にゴルフで使用するものも使用しますが

上肢の力が弱い利用者様のために杖を逆さまにして

代用として使うケースもあります。

 

ボールは利用者様がケガをしないように配慮して

プラスチック製の柔らかいカラーボールを使用しています。

 

ヨガマットはボールが通過するグリーンの代わりに床に敷いてコースを作ります。

月初めはヨガマットの数は2枚のみのストレートコースで

2週目に入るとヨガマットは3枚になりコースは複雑化していきます。

 

ストレッチポールはグリーンに凹凸をつけるために

ヨガマットの下に入れて使用し

コースの攻略はより難解になります。

 

空き箱はカップの代用として

コースの端部に置きます。

フタ付きの箱の片方のみを使い

ボールが入りやすいよう4面のうち1面を開けています。

 

プレイヤーの持ち玉は

その日によってケースバイケースですが

3球から5球です。

 

一人ずつ打席に立ち

1球につき1打でカップインを目指します。

目の見えない方には

スタッフが声掛けをしカップまでの距離や打つ方向を伝えます。

立位が保てない方には

スタッフがサポートしたり

車いすに座ったまま参加していただいています。

 

ストレートコースのカップインはパーフェクトも珍しくありませんでしたが

複雑なコースになるとなかなかカップインしません。

1球入れば盛り上がり

2球入れば大騒ぎです。

パーフェクトになれば奇跡でしょう。

 

来週3/18からの1週間はイベント週となり

「体力測定」が実施されますので

次回「ゴルフ」が実施されるのは

3/25(月)からです。

 

興味のある方はぜひ遊びに来てくださいね。

お花見イベント

こんにちは。ひろゴンの巣でございます。
春の空気が心地よく感じる今日この頃、如何お過ごしでしょうか?
え?まだ家に籠っている?

『ソレハイケマセン!!』

確かに、まだ安心して外出はできないところですが、
ワクチン接種も進んでいるので体を動かし、
楽しい会話もしないと衰える一方です。
デイに来て、そろそろ健全な日々を送りたいものですが、
そうもいかない方のためにチラっと桜を楽しんでいただきましょう。
我が家の一足早く咲く河津桜。

少し遅れて陽光桜。

今年の桜はに昨年より鮮やかですね☻

 

そして、送迎の際に通る護国神社のソメイヨシノ。

 

で、来年こそはなんの心配も無く、お花見に行けるよう願い込めての

4月のイベントは、『お花見🌸』デス!!

利用者さん全員で洗濯ばさみで桜の花びらを枝につけて
満開にしていただきました。

 

さんそれぞれの感性で綺麗に咲かせていただきました。
来年は皆さん揃ってお花見に行きましょう。

花見イベント2022(ひろゴンの実家)

 こんにちは。

ひろゴンの実家です。

 

今日は3月に実施された花見イベントについてご報告します。

 

さる3/22(火)~28(月)までの5日間

花見イベントを実施しました。

 

利用者さんを送迎車で

公園までお連れし花見をするのが恒例でしたが

今年も去年に続き

コロナウイルスの影響で断念し

店舗内で「実家に花を咲かせましょう」という

運動イベントを実施しました。

 

イベントの内容は

運動用のリング6つを床の上に配置して桜の形を作り

そのリングの一つ一つにお手玉を入れていくというゲーム大会です。

 

①利用者さんには椅子に座ってもらい

足の甲の上にお手玉を載せます。

②利用者さんは1メートルほど先の桜のリングに向かってお手玉を蹴ります。

③お手玉が輪の中に入ればポイントゲットです。

④お手玉の数は6つ

つまり利用者さんがお手玉チャレンジできるのは6回までです。

⑦桜リングは赤リング4つと青リング2つで構成され

赤リングは4枚の花弁を

青リングは1枚の花弁(利用者さんから一番遠いところ)と

中心部(おしべ・めしべの部分)を表し

一番遠いリングのみ50ポイント

その他のリングは10ポイント(✖4=計40ポイント)

合計100ポイントを目指します。

⑧ただし同じリングにお手玉が2つ以上入ったとしても

2つ目以降はポイントは加算されないものとします。

 

いざ開始すると

お手玉を蹴って飛ばすのにはコツが必要で

せっかくリングの中に着地したとしても

バウンドしてリングアウトするケースや

同じリングに集中するケースもあり

プレイヤーも順番を待つ利用者さんも

出番が終わったプレイヤーも皆

宙を舞うお手玉に釘付けになりました。

 

満点が続出するクラスもあれば

一人も満点が出ないクラスもあり

結果は様々でしたが

イベントは大いに盛り上がり

無事終了しました。

 

来年は是非

コロナウイルスが収まって

通常の花見ができることを心から願っています。

第12回 運営推進会議(ひろゴンの実家)

 こんにちは。ひろゴンの実家です。

今回は運営推進会議についてご紹介します。

 

皆さんは運営推進会議についてご存じでしょうか。

 

運営推進会議とは

定員18名以下のデイサービスに義務付けされている会議のことで

半年に一度デイでおこったことを

利用者さんやその家族の方や地域の方や

その地域を管轄する地域包括支援センターの担当の方に報告し

その方々からご意見をいただいて

サービス向上を目的に開かれるものです。

 

年に2回実施されるうちの1回は実際に皆さんに集まっていただきますが

もう1回は書面会議という形式で

つまり実際に集まることなく書類のやり取りのみで構わないという規則があるため

今回は書面会議にて実施しています。

 

3/7(月)から11日(金)まで

1日に午前・午後の2回を5日間の全10回

デイの利用者さんを対象に報告会を実施しました。

 

スタッフが報告書を読み

利用者さんにご意見を書面でいただくという

アンケート形式で実施しました。

字の書けない方、目の見えない方にはスタッフがフォローしながら

約30分ほどの時間を掛けながら

報告書と別紙(ヒヤリハット、事故報告、苦情相談、研修や行事の写真などを掲載)を使用しながら

できる限りわかりやすく説明をおこないました。

 

また週に2回以上利用されている方には

1度報告させていただいた以降は

別の運動メニューに参加していただきました。

 

これから皆さんにいただいたご意見をまとめた上で

更なるサービスの向上に努めさせていただきます。

もぐらたたき(ひろゴンの実家)

 こんにちは。

ひろゴンの実家です。

 

今回は2月の全体運動

「もぐらたたき」を紹介させていただきます。

 

デイサービスひろゴンは機能訓練型のデイサービスであり

運動メニューとして以下の4つの運動を実施しています。

①ひろゴン体操(デイサービスひろゴンのオリジナル体操・ウォーミングアップ)

②選択運動(利用者さんが自身で選ぶ運動)

③個別運動(日常生活動作の維持・向上を目的にした運動)

④全体運動(ゲーム的運動)

 

全体運動はレクレーションとして

利用者の皆さんにゲーム的に

運動を楽しんでいただくメニューで

運動後に楽しかったという感情を印象付けて

次回もまた運動したいという動機付けをし

利用者さんの運動の習慣化を目的に実施しています。

 

「もぐらたたき」について説明します。

①下準備

紙コップを用意し

「もぐら」と「ハンマー(キャッチャー)」を作ります。

 もぐら:紙コップを裏返した状態でもぐらの絵を描きます

 ハンマー:紙コップの底に割りばしをテープなどで固定し取っ手を付けます

②ゲームを始める前に

「もぐら」は複数個用意しテーブルの上に並べます。

「ハンマー」は紙コップ部分を裏返した状態で取っ手の部分を握って使用します。

ちなみにもぐらの数は多い方が盛り上がります。

(ひろゴンの実家では100匹近く用意しました)

ハンマーは1ゲームに参加するプレイヤーの数だけ用意します。

(ひろゴンの実家では4つ作りました)

③ルール

1)対戦式でゲームをおこないます。

2)利用者さんにテーブルをはさんで対面で座っていただきます。

3)制限時間内にハンマーを使ってもぐらをキャッチ※します。

 ※もぐらのキャッチの仕方

   もぐらの真上からハンマーを被せると

   紙コップ同士が重なり合い

   そのすき間が真空状態になることで

   もぐらがハンマーに吸着されます。

 

4)もぐらは1匹ずつ捕獲し

 その都度ハンマーから外して捕獲ゾーンに移動させます。

5)たくさん捕まえた方が勝ちです。

6)立ち上がりは転倒リスクが高まるので禁止です。

7)目の見えない方や手指や腕が動かしにくい方はスタッフがサポートします。

8)制限時間は30秒から1分

 同時にプレイする人数は2名もしくは4名

 1テーブルにつき1スタッフ以上が

 転倒リスクなどの予防のためにスタンバイしています。

9)制限時間やプレイヤーの数は

 その時の参加者数や残り時間によって変わります。

 

「もぐらたたき」は今回初めて実施しましたが

スタッフや利用者にとって新鮮だったことや

手軽に楽しむことができ

非常に盛り上がりました。

 

もぐらをキャッチする時にハンマーで強くたたきすぎると

紙コップ同士が密着しすぎて外しにくくなったり

ハンマーの取っ手をできるだけ短く持った方がキャッチしやすいこと

外した後のもぐらをどう上手に手早く捕獲ゾーンにならべるかなど

色々な気付きがありました。

 

この「もぐらたたき」は

YOUTUBEを検索し参考にさせていただきました。

 

今後も利用者の皆さんが楽しんで運動していただけるよう

色々な工夫をしていきたいと思います。

 

興味を持った方は

是非デイサービスひろゴンに遊びに来てくださいね。

お待ちしています。

節分イベント(ひろゴンの実家)

こんにちは。

ひろゴンの実家です。

 

2/14(月)から18(金)まで

「節分イベント」を実施しました。

 

節分は旧歴の大晦日に

その年の厄を払うためにおこなわれていた行事でした。

 

「節分イベント」は

利用者さんの厄を払う意味を込めて

スタッフ扮した鬼にボールを投げるという

例年、最も盛り上がるイベントの一つです。

 

鬼は今話題の「鬼滅の刃」に登場する

下弦や上弦の鬼

イケメンの鬼ちゃんなど

バラエティに富み、

ラスボスとして

両腕にイレズミの入った鬼の大将も出現します。

椅子に座った利用者さんは

ひたすら元気にボールを投げます。

 

周囲で見ている利用者さんもエキサイトし

投げている利用者さんもテンションがあがっていきます。

おにはそと~ふくはうち~

戦い疲れた鬼はこっそり逃げ出して

ゲームは終了。

 

利用者さんの勝ちで

めでたし、めでたしです。

 

現在はイベントは終了していますが

期間外でも楽しい運動をしています。

 

次回は

現在実施している「もぐらたたき」についてお話します。

どうぞ、お楽しみにしてください。