胃カメラ / 大腸カメラ 茨木 谷川記念病院 内視鏡検査 | 谷川記念病院

検査胃カメラ / 大腸カメラ

胃カメラ / 大腸カメラ
― 胃がん・大腸がんの早期発見の為に ―

内視鏡検査(胃カメラ・大腸カメラ)について

当院では、患者さまに少しでも負担の少なく安心して検査を受けていただけるよう低侵襲医療機器を導入しております。さらに患者さまのご希望により鎮静剤を使うことで楽に内視鏡を受けていただくことが可能です。胃内視鏡も出来るだけ初診の日に出来るよう、事前の電話でのご予約をお願いしています。おなかの病気では?と不安に思うことがありましたら、お気軽にご相談ください。

胃内視鏡(胃カメラ)とは?

胃カメラ検査では、食道・胃・十二指腸を口または鼻からカメラを挿入し直接観察することで、胃がん・食道がんまたは炎症・潰瘍の早期発見や、ピロリ菌感染の診断などが可能になります。検査の際に、病変が見つかった場合は組織検査用の細胞の採取をすることもあります。

胃カメラで診断可能な病気
食道:食道がん、食道静脈瘤、逆流性食道炎
胃:胃がん、慢性胃炎、胃潰瘍、胃ポリープ、ピロリ菌の有無
十二指腸:十二指腸がん、十二指腸潰瘍、ポリープの有無

大腸内視鏡(大腸カメラ)とは?

大腸カメラ検査は、主に腹部に症状がある方や便潜血検査で異常があった方などが対象となります。大腸の病気は、近年増加傾向にある大腸がん、大腸ポリープ、腸炎などがあげられます。大腸カメラで検査することで、それらの病気の診断や治療をおこなうことができます。検査中に、腫瘍性のものや早期のがんが発見された場合は、その場で切除をすることも可能なので、検査と治療が同時におこなうことができるのが特徴です。

大腸カメラで診断可能な病気
大腸がん、大腸ポリープ、大腸憩室、潰瘍性大腸炎

当院の胃カメラ・大腸カメラ

富士フィルム社製の最新の医療機器を使用しており、複数のLED照明を用い観察に適した画像で診断や治療を行います。

白色光観察画像 LCI観察画像 BLI観察画像
白色光観察画像
LCI観察画像
BLI観察画像