LINE
お電話
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください
TEL:06-6651-0223
WEBでのご予約はこちら

スタッフ紹介

芳賀 大晃

芳賀 大晃

出身
愛知県豊橋市
資格
はり師・きゅう師
今はまってること
料理・カメラ・温泉

はじめまして。大阪市天下茶屋にあるオルソ鍼灸院 院長 芳賀大晃(ハガ ダイコウ)です。
オルソ鍼灸院に興味を持っていただきありがとうございます。
おそらく読んでくださっているあなたは鍼灸に対する不安と、「どんな人が施術をしているのか?」という不安があると思います。少しでもその不安が安心に変わればと思いプロフィールと想いを書かせて頂いています。是非お読みください。

平成24年3月大阪ハイテクノロジー専門学校夜間鍼灸師学科卒業
平成24年4月〇〇鍼灸整骨院
平成24年8月肩こり専門 ひろ整体院
平成25年4月ひろゴン鍼灸整骨院 天下茶屋院
平成27年4月骨盤矯正専門 ひろ鍼灸整骨院 岸里東院
平成29年11月足専門 ひろゴン鍼灸整骨院 西成院
平成30年11月自律神経専門整体 ひろ接骨院 高槻院
平成31年11月オルソ鍼灸院 院長就任
令和1年現在に至る

テニスを通じて治療家を知る

生まれは愛知県豊橋市。両親の影響で、小学生からテニスを始め、プロを目指し高校時代には親元を離れ、単身大阪の強豪校へ入学。テニス漬けの日々を送り、厳しい練習の結果、全国大会に出場は果たすも、身体はボロボロで3年間整骨院へ通院。その時トレーナーとして選手を支える鍼灸師の先生と出会う。プロにはなれませんでしたが、自分もテニスを頑張る選手をサポートできる人になりたいと、鍼灸師の道を決意。

東洋医学を学ぶ

高校を卒業してすぐに、大阪ハイテクノロジー専門学校鍼灸学科夜間部に入学。
学生の年齢層も大きく、柔道整復師やアスレチックトレーナー等、多く交流や経験を通じ、人間的にも成長でき有意義な学生生活を過ごしました。トレーナーを目指していた私でしたが、鍼灸を学ぶ中、東洋医学は内科疾患に強いことを知りました。人間が本来持っている自然治癒力(自己治癒力)を取り戻すことを念頭に置くことが東洋医学の魅力であり、鍼灸を再発見した私は、卒業後は東洋医学を専門とした治療院で働くことに決めました。

初めての職場での挫折

初めて就職した治療院では、業務の細かいミスを繰り返し、人間関係にも悩んでいました。院長からスタッフの前で「こいつは平成モンスターだから人間と見ないように」と一言。この時、辛うじて平常心を保っていましたが、その日から親指の痙攣や頭痛を発症。さらにミスも増加。改善策を講じてもまたミスをする負の連鎖は続き、次第に自信がなくなりました。もうミスはできないと言い聞かせながら、毎日の頭痛に耐え働いていましたが三ヶ月で退職。
のちにストレスによる体調不良や集中力の低下によって、そのようなループを起こしてしまうことが分かりました。現場から距離を置くことで、次第に頭痛は治まり、仕事復帰ができました。

目の前の患者さんと向き合う

トレーナーの勉強もしつつ、漠然とした治療ではなく、お困りの患者さんを治す治療家になるため、肩こり専門整体院、骨盤矯正鍼灸整骨院、足専門鍼灸整骨院、自律神経専門整体院等、専門院で修業し、鍼灸だけでなく整体の技術を学びました。

身体は食べたもので出来ている

2015年、ある医師より栄養の勉強会を紹介していただきました。鍼灸や整体で必ず良くなると思っていた私には衝撃的な内容ばかり。栄養の過不足で病気や症状を引き起こしている人がいること。食生活を見直すこと必要性を知りました。季節の変わり目に風邪を引く患者さんが、栄養指導と鍼灸治療を同時に行うことで、風邪を引かなくなったと喜んでくださったことは今でも覚えています。些細なことかもしれませんが、私にとって貴重な体験でした。
日頃から身体に良いものを食べることで、病気を予防し、治療を手助けすることを医食同源といいます。栄養を学び実践する中で、身体は食べたもので出来ていることを実感しました。高校生の頃は、朝は菓子パン、昼はカップラーメンに冷凍の唐揚げ、夜は自炊で白ご飯・お肉の炒め物と簡単な食事をしていました。厳しい練習に加え、ジムにも通っていましたが、なかなか身体は大きくならず、身体がボロボロだったのは、栄養不足や偏りにあったのではないかと振り返っています。

頭痛で悩んでいる人は多い

専門院を渡り歩く中で感じたことは、何かしらの不調を持っている人は首凝りが原因で血流不良が起こり、頭痛が起こりやすいということでした。そしてこの二つは、様々な要因が複雑に絡み合い、複合的な要因で起こています。
頭痛で悩んでいる人に多いことは…

・食生活が乱れている。
・首の凝りがひどく、自律神経が乱れ、自己治癒力が低下している。
・ストレートネックや猫背など姿勢に問題がある。

上記のことから頭痛の施術に大切なことは

①食生活の見直し、体質改善を行う。
②首の凝りを解消し自律神経を整える。
③姿勢不良を改善するための正しい身体の使い方を身につけること。

上記の3つが大切だと臨床経験の中で実感しました。

頭痛の専門院を作りたい

首の凝りや頭痛を解消すると、患者様の笑顔を見る機会が増えました。もっと頭痛で悩む人を救いたい、頭痛で悩む人の希望になる院を作りたいと思い、オルソ鍼灸院の院長となりました。
頭痛が起こると気持ちの余裕も無くなり、何もする気が起こらなくなります。
私の様に全ての人が環境を変えられるわけでもありません。
しかし、環境を変えずとも頭痛で悩んでいる方を救える方法がオルソ鍼灸院にはあります。

・生活のために簡単に環境を変えることができない方
・何をやっても頭痛が治らないと悩んでいる方
・その場しのぎのお薬はもうやめたい方
・薬の量が増えて胃腸が不調な方
・週末になると頭痛がひどく寝て過ごしている方

あなたにはあなただけの治療方法があり、あなただけの生活習慣の見直し方法があります。
頭痛だけでなく自律神経疾患やめまい、耳鳴り、疲労感、肩こり、不定愁訴、眼精疲労、不妊でお悩みの方も対応しております。

治療への想い

現在、天下茶屋で頭痛を専門とした鍼灸院を開設し、目の前にいる多くの患者様に向き合える、治療家として幸せな環境で施術を行っています。また、怪我だけでなく不定愁訴で悩む、学生や選手の希望になるような治療家を目指し、スポーツ現場でトレーナー活動を行っています。
私は学べば学ぶほどに人のお役に立てるこの仕事が大好きで、様々な勉強会に参加しています。治療を終え、もう通わなくても大丈夫と自立した患者様一人でも多く、お見送り出来る院を目指しています。一期一会で巡り合った患者様に「ここに来て本当に良かった」「ここがあるから頑張れる」と口にしてもらえるような治療院であるよう信念をもって取り組んでまいります。
最後までお目通しいただきありがとうございました。

乾 剛士

乾 剛士

大学卒業後に一般企業の仕事に就いたのですが、父が大工だったこともあって、手に職をつけたいと思い、いろいろ調べているとリハビリという仕事のことをしり、トレーナーの学校に通ったのが始まりです。

施術家になって嬉しい、悲しい、悔しかったこと

痛そうに来られた方が、元気になって帰られる事が何よりうれしいですね。悲しかった事は父が病気になったときに、まだまだ未熟でリハビリをきちんとしてあげられなかったことですね。早期に適切な処置をしていれば、もっと機能回復できたと思います。

施術に対しての想い

人間の体というのは本当によく出来ていて、笑顔を作ったときの感情としかめ面のときの感情って違うんですね。姿勢も同じで猫背のときの感情と背筋を伸ばしたときの感情って全然違うんですよね。私たちの仕事は整体をしたり、鍼灸をしたりすることですが、それらを通して生活が前向きになり、痛みや不調で悩んでいた問題が1日でも解消されるお手伝いが出来れば幸いです。