寝る1時間以内のタバコは控えましょう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 3.00 out of 5)
Loading...

e382bfe38390e382b31

7時間は寝ているのに、疲れが取れにくい…。そんな人多いと思います。

ひょっとして、寝る前にタバコ吸っていませんか?(;´Д`)

「えっ!?タバコも睡眠に影響するのー?!ガビーン!!」

と思ったら、ぜひ最後まで読んでみてください(‘ω’)ノ

寝る前タバコによる睡眠の影響

普段からタバコを吸う人にとっては、タバコを吸うことでリラックスでき、より深い睡眠に繋がると思うかもしれませんが、実は反対に睡眠の質を下げてしまうこともあるので要注意を!

 

その原因はタバコに含まれるニコチンにあります!

 

喫煙者からするとニコチンを摂取することで
リラックスに繋がると言えますが、それはあくまでも一時的な効果であり、
その後は覚醒作用・興奮作用が働くようになっています(◎_◎;)

 

つまり、タバコを吸ってから寝る習慣がある人は、
恒常性維持機構(疲れたから眠くなるという身体の機能)により、
スッと寝付くことは出来ても、ニコチンの働きによって
睡眠自体が浅くなっている可能性があるんです(´・ω・`)・・・。

jiko_netabako-300x222

 

ちなみに。。。

ニコチンの興奮作用は約2時間続くと言われているので、
出来れば寝る2時間以内は避けたいところですが。。。
喫煙習慣がある人からすると、
寝る前2時間もタバコを吸えないことにイライラして、
これがまた睡眠の質を下げかねませんので、
せめて1時間、それが無理なら毎日10分ずつ伸ばしていくなどの工夫をして、
無理のない範囲で取り組んでみましょう!

 

2452381b