ストレッチの良い所・悪い所

おはようございます!
整形外科ひろクリニック 柔道整復師の中田です。

 

今日お話させて頂くのは、「ストレッチ」についてです。

ストレッチと聞くと皆さん、「体には良さそう」「なかなか続けれない」

「気持ちいい」など色々感じると思います!

 

そんなストレッチの良さや、やらない方がいい事・慎重になった方がいい人を伝えていきます。

 

 

①ストレッチで肉体改造!
・運動や筋トレをすると筋肉(筋線維)が傷つき、絡まってしまいます。

筋肉が絡まったまま放置すると筋肉が伸びにくくなってしまい、血流が悪くなったり筋肉自体が硬くなっちゃいます!

これは同じ姿勢を続けていても起きる事です。

同じ姿勢を続けていると同じ筋肉ばかりに力が入っている状態ですので、ストレッチを怠ると同じ理由で硬くなってしまいます。


首・肩 →肩こり
腰 →腰痛・ぎっくり腰
ふくらはぎ→足の冷え、こむら返り

の原因となってしまいます、、、😢

そうなる前に!
日頃の仕事や運動で使って出来てしまった筋肉の絡まりは
「ストレッチ」でほぐし、整えてあげる事が大事なんですね~!✨

 

 

②いつすれば?どれくらい?痛い方が効くの?

・ストレッチを行うタイミングは体が温まっている時ですね!
お風呂上がり、運動後のクールダウンなどが良いでしょう。

※ご飯を食べた後は確かに体温は上がりますが、消化を助けるために30分は時間を置いた方がいいでしょう※

・ストレッチを行う時間は1つの部分を伸ばすのに15~30秒位で筋肉は伸びてきます。

忙しくて時間が取れない時でも、できる限り自分の体を癒してあげてくださいね✨

・反動はつけず、ゆっくりと!心地いい程度に!!

痛いほど伸ばしてしまうのは、自分自身で痛みに耐えるために力が入ってしまいます!
気をつけましょう😊

 

 

③運動選手には、、、?
部活動をしてる(保護者の方も含め)、アスリートとして厳しいトレーニングをしてる方については

ストレッチは筋肉(筋線維)を改造する効果はありますが、「回復」させる効果はあまりありません。

さらに試合直前、筋トレ前に過度なストレッチは筋肉に力を入れづらくしてしまいパフォーマンス低下にも繋がりかねません、、、

〇まとめ
ストレッチは基本的には良いことが起こることが多いです!
健康・減量やダイエットを目指している方はぜひ続けた方がいいです!

しかし厳しいトレーニングやスポーツ環境に身を置く方は、タイミングは慎重になった方がいいかもしれませんね!

最後まで読んで頂きありがとうございました!✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です