熱中症 講座 その7

 

 

暑さにも少し慣れてきたころだと思いますが

きちんと熱中症予防できていますか??

 

ある地域では、1週間で約1000人の方が

熱中症にかかり、病院に運ばれているそうです。

 

実は、大阪に住まれている方々にとって熱中症は本当に無視できない問題で、

昨年の4月~8月11日までの、熱中症で救急搬送された人の数

 

全国で、2位です。。。

 

ちなみに、救急搬送件数 Best5 は、

1位:東京都

2位:大阪府

3位:愛知県

4位:埼玉県

5位:神奈川県

です。

 

そして、今年の4月~8月11日までの Best5 は、

1位:東京都

2位:大阪府

3位:愛知県

4位:埼玉県

5位:兵庫県

です。

 

2年連続で、2位、、、

これは、決して良くありません。

 

 

熱中症の多くは、気温の急激な変化がある時に

特に発症者数が目立ちます。

 

今年の例で言うと、7月の後半から一気に気温が高くなりました。

その時の、熱中症による救急搬送者数は、

それ以前と比べて、約20倍に増えています。

 

そして、8月は台風が多く発生する季節でもあります。

台風が来ると、それまでに比べると気温は低くなりますが、

それが過ぎると、気温はまた急激に高くなり、

熱中症発症のリスクが高くなることが予想できます。

 

ですので、気温・天候の変化には十分注意してください。

 

湿度が高い日も要注意!!

 

湿度が高い日は、暑さを感じやすく多く汗をかくのですが

汗が蒸発しにくく、体温が下がりにくいです。

 

そんな時は、コマメに汗を拭きとるようにして、

水分補給を忘れないようにして下さい。

 

 

そして、何よりも大事なのは、

周りの人達に正しい情報を伝えること。

 

まずは、自分の身近な人たちから声をかけてみてください。

そして、熱中症からみんなを守りましょう!!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です