RICE処置について

 

今回は、ケガをした際の応急処置でも用いられる

RICE処置” に関してお話していきます。

これは、スポーツ現場でも実際に使われている応急処置になりますので、

スポーツに携る人は突然のケガがあった際に、知っておくと役に立つと思います。

 

 

RICE処置とは、

Rest(安静)

Ice(冷却)

Compression(圧迫)

Elevation(挙上)

 

の、4つの基本的処置のことを言い、

それぞれの言葉の頭文字をとり、RICE処置と呼ばれています。

 

 

これらの処置を適切に行うことにより、                                             

ケガの早期回復、日常生活・スポーツ競技への早期復帰の手助けになります。

RICE処置は、医療機関に受診する前にできる治療の第1段階です。

 

 

~ Rest(安静)~

筋肉・関節の動きを抑えることにより、

損傷部位の腫脹(腫れ)や血管・神経の2次的な損傷を防ぐ事が目的です。

 

 

~ Ice(冷却) ~

2次性の低酸素障害による、細胞壊死と腫脹(腫れ)を抑えることが目的です。

氷をアイスバックやビニール袋に入れて、損傷部を冷却します。

11520分間で行い、痛みがでる毎に繰り返します。

それを、受傷から3日間は行います。(炎症が特に強く出る期間)

    皮膚に傷・水疱などがある場合は感染症になる危険性がある為、

適しません。

 

~ Compression(圧迫) ~

損傷部位の内出血や腫脹(腫れ)を抑えることが目的です。

テーピングや弾性包帯を用いて軽く圧迫します。

    強すぎる圧迫は、循環障害を起こす可能性があります。

圧迫部位から末梢が痺れる・冷感・感覚異常などが出た場合は、

強すぎる事が考えられるので、1度を解き症状の緩和を待った後

再度圧迫するようにして下さい。

 

 

~ Elevation(挙上)~

腫脹(腫れ)の軽減と早期回復を図る事が目的です

損傷部位を心臓より高い位置に挙上しておくようにします。

特に身体の末梢部(手、足)は、血管が細く血流が少ないため、

位置を変えることにより、回復を促進します。

 

 

これらが、RICE処置となります。

 

日々、整形外科で診療している中で多くの患者さんが来院されますが、

この様な処置を行われている事が少ないのが事実です。

 

RICE処置は比較的かんたんに行うことができますし、

適切な処置を早急に行うことにより、ケガの早期回復が見込めます。

 

最近は健康ブームで、運動される方も増えてきています。

仕事やスポーツへの早期復帰を叶える為にも、

知っておくべき知識かもしれませんね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です