骨粗鬆症について

こんにちは!

最近は昼夜の気温差が激しく、外出される際の服装など困る日が続きますね(^^;

外出されるのを躊躇して、1日中家で過ごされている方もおられると思います。

今回は、骨粗鬆症について書きたいと思います。

 

骨粗鬆症とは?

身体の”骨”が弱く、中身がスカスカになってしまっていることを言い、

ちょっとしたことで”骨折”してしまう危険性がある”病気”です。

 

骨粗鬆症の怖いところは、”自分ではわからない”ところです。

見た目に変化は出ませんし、いつも通りの生活を過ごしている中で、

”いつの間にか”なっていることがほとんどです(゚Д゚;)

 

骨粗鬆症の方で骨折しやすい所は、

・こし(腰椎椎体圧迫骨折)

・こかんせつ(大腿骨頚部骨折)

・かた(上腕骨頚部骨折)

・てくび(橈骨遠位端骨折)

などがあります。

とくに、”こし” や ”こかんせつ” の骨折は、入院や寝たきりになってしまう可能性も、、、

 

そうなってしまわない為にも、

まずは自分の”骨密度”を知ることが大事です。

その上で適切な予防をすることで、骨折の危険性を避けることができます。

 

自分の骨密度を知るには、病院などで検査を受ける必要があります。

予防法は、それぞれの人に合った”適度な運動” と ”食事(栄養補給)” です。

 

ひろクリニックでは、『検査~治療、予防法の指導』もさせて頂いてます。

気になる方は気軽にご相談くださいね(^^)/

 

とくに、女性は60歳から2人に1人は骨粗鬆症だと言われています。

まずは自分は大丈夫か調べ、適切な予防をし、いつまでも健康で元気に過ごしましょう!

 

http://www.ortho-g.co.jp/tomohirokai/hiroclinic/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です