野球肘検診!

こんにちは、

整形外科ひろクリニック
理学療法士 田中義幸です。

今年も酷暑の中、第100回目の甲子園大会が、行われ我らが大阪桐蔭が優勝を果たしました。

負けはしましたが、秋田の金足農業もすごかったですね!

全国大会を目指すチームは、日々トレーニングを重ね、少しでも強くなるように追い込んでいるはずです、中には実力はあるのに怪我に泣いた選手もいると思います。

そんな選手を1人でも減らせられるように、ひろクリニックでは野球肘検診を行っています。

僕をはじめ、理学療法士3名、柔道整復師3名で大阪茨木にある、茨木ナニワボーイズに行ってきました!

中学生ということもあり、体の大きい子、小さい子、成長期の子など様々でした。

体の柔軟性を測定し、肘や肩に炎症が起こっていないかのチェックと練習前や自宅でのストレッチとトレーニング方法の指導を行いました。

話を聞くと、家でのストレスをやっていない子がほとんどでした。
成長期は体が大きくなるので、一時的に筋肉は硬くなります、そんな時に故障しやすいので、自宅でのストレッチはとても重要です。

今回の検診で、1人でも怪我をする子が減ることを願っています。

クリニックでは診療中のリハビリもしてますが、診療外で今回の野球肘検診であったり、中学校のクラブ活動にトレーニング指導などトレーナー活動も行っています。

気軽にご相談ください^ ^

http://www.ortho-g.co.jp/tomohirokai/hiroclinic/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です