ご挨拶

整形外科ひろクリニックの理念

私たちは、皆様の夢をサポートするため、
究極の運動療法、手技療法を追求し続け、
互いの知識と技術を共有することにより、
笑顔と元気あふれる日本一患者信頼度の高い
スポーツ整形外科クリニックを目指す。

理事長 鞆浩康

鞆 浩康医師の経歴・院外活動

日本体育協会公認スポーツドクター
日本整形外科学会 専門医
日本救急医学会 専門医
元パナソニックパンサーズ
バレーボール部チームドクター
アサヒプリテックゴールデンファイターズ
アメリカンフットボール部チームドクター
イングリッシュファクトリージム
ボクシング顧問ドクター
兵庫県アマチュアボクシング連盟 医事委員長
日本医師会認定産業医

ご挨拶

整形外科は、内科や外科と違って、診察・手術・リハビリに至るまで、最初から最後まで患者さんと接する事ができます。
整形外科に進む前に救命救急を身に付けるため、岸和田徳洲会病院の救急科に勤めました。3年間の救急科勤務時代に複数の診療科を回り、重症の患者さんを目の当たりにして、健康ってなんだろう?楽しく生きるには何が必要だろう?と、考えさせられました。
その時に、自分の足で歩く、身の回りのことを自分でするなど、機能的に良い状態であることはとても重要だなと実感することができました。
当院では医師が診察しながらできる運動を見極め、適切なケアを行い、無理なく維持していけるような環境をつくっています。

治療だけでなく、良い状態の維持のため総合的なケアを。
さまざまな症例を診てきましたが、手術後にリハビリをして、症状は良くなるものの、その後も患者さんご自身でケアを続けなければ、良い状態をキープすることが難しいんです。

当院では、安静期間でも、できる範囲で少しずつトレーニングを始めてもらいます。例えば、足を骨折した場合、足以外の部分は動いても問題ないのですが、全身的に休む方が多く、回復が遅くなってしまうんですね。そのため、手術箇所や負傷部分にギブスをして、違うパーツはトレーニングをしていきます。筋力が衰えるスピードはものすごく早いんです。また、手術をし、治療が終わった後も、支える筋肉を付けていかなければ、良い状態を保つことはもちろん、また同じ症状が出てきてしまう可能性もあります。スポーツ選手であれば競技に早く復活することは非常に重要なんです。一般の患者さんも日常の生活に早く戻るために、鍛えていくことは重要だと考えています。

当院にはデイサービスも併設していて、ここでも運動を中心に内容を組んでいます。クリニックで調子を整えて、デイサービスで維持し、足りない部分はスポーツジムで補ってもらう。高齢者の方でも運動をするようになると、3ヵ月から半年ほどで改善が見られるようになります。当デイサービスではデータを蓄積し、体感だけでなく、数値などを見て改善が実感できるようにしています。

私はこれまで運動療法だけで治すスポーツ専門のクリニックから、整形外科的な治療を最重視する病院まで携わってきましたが、治療し維持することを考えると、どちらも大切なんですよね。痛みを取って動けるところまで、総合的なケアを提供していきたいです。

健康を維持すると考えた場合、医療だけでは難しいと考えています。運動する、筋力をつけるためには食事や睡眠も重要ですので、医療の枠だけに捉われず、トータルに「健康」をサポートしていきたいと考えています。当院は「一生涯・笑顔・元気」をモットーとしています。診察に来られた時よりも元気になって帰ってもらいたいんです。例え治療しなくても、私に会ってしゃべっただけで元気になってもらえるような医師でいられるよう心がけています。また、スポーツ整形外科の分野はレクリエーションレベルからプロまで、子どもから高齢者までどんな方でも対応できます。スタッフも幅広い競技を経験してきています。ランニングや水泳など、日常的にスポーツを楽しまれる方も増えましたので、気軽に相談しに来てもらえればと思います。