慢性腰痛の原因は??

慢性腰痛の原因は、一般的な整形外科などの病院では、はっきりしない場合が多いです。

病院でのレントゲン検査では腰痛のおよそ80%以上が原因不明と言われることもありますので、明確な原因は分からないことが多いです。80%以上わからないんですから、原因が分かる方が珍しいですね。わかってないのに湿布や痛み止めを処方する行為は。。。。

私たち鍼灸師の立場から言うと、慢性腰痛にも原因は有り、腰に負担がかかるような姿勢、筋肉、関節、動きがほとんどです。

その為、当院の鍼灸施術で腰痛が改善することが非常に多いです。

デスクワークなど座っていることが多い現代人は、ストレートネックや猫背に代表するように姿勢も悪く、筋力や柔軟性も低下傾向です。

特に身体の後ろ側の筋力(背中、臀部、ふくらはぎ)の低下が著しく、自分で身体を支えることが困難な人が多いです。

このような場合に、慢性腰痛を抱えている人が多いので、このような筋力や柔軟性の向上、姿勢や動きの修正で慢性腰痛の改善に繋がることが非常に多いです。

当院での鍼施術で深層の筋肉をしっかりとゆるめた後で、軽いストレッチを行うと、身体を無理なく伸ばすことが出来、非常に効果的です。

身体の固まった状態での、腹筋運動などはケガにつなっがって非常に危険なのでお止めくださいね。。。

本日も最後まででお読み頂き、ありがとうございました(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です