背中のピリピリが重心を整えることで、良くなった!

こんにちは!
ひろ鍼灸整骨院です。

今回は、全身疲労と背部のピリピリ感が悩みで
来院された患者様のことを書いていきます。

不規則な仕事時間と主訴のピリピリ感が睡眠時に出現するということで
自分が寝たいと思う時に症状が気になってしまい寝ることができない。

上記のように、うまく睡眠がとれず気づいたら明け方になり、
そこから寝始めるといった生活が続くこともある。
寝られたからといって、ぐっすり寝られるかというと、
そういうわけでもなく、熟睡はできていない。

それらによって体の活力がないように感じ、体力も落ちているように感じる。
解決させるためにしっかりと体を休めたいのに、
それが思うようにできないことに不安を感じてられています

全身の検査をした結果、筋肉の負担だけでなく、
内臓への負担が強く出ておりました。
足で踏ん張る左右のバランスも崩れ、重心もブレていました。

細かく負担が強くかかっている部分を挙げるのであれば、
内臓の中でも「肝臓」と「腎臓」の部分でした。

内臓の負担の原因は、やはりうまく体を休められていないことです。
休めるために睡眠をとらないといけないのに、
症状が出てしまうことで寝ることができない。
これが、いたちごっこになってしまいうまく休めない。

そこで僕がさせていただいたのは、

体の疲労を回復させるために必要な「脳脊髄液」
というものをしっかり循環させるということ、
検査で反応の出ていた「肝臓」と「腎臓」の
負担を和らげるための内臓の調整、
体をしっかり休めるために神経を働かせるための頭部調整
を行いました。
東洋医学的にも言うと、足や頭にも経絡やツボがあるので、
検査での重心の崩れが現れてます。

 

  

そうすることで帰る頃には、疲労感の消失、背部のピリピリ感の軽減、
といったように、持っていた悩みがほぼ無くなっていました。

検査で反応の出ていた内臓部分も良くなって、
重心もしっかり入っており、足の踏ん張りも効いていました。

ここで大切なのは、この状態をしっかりと体に覚えさせるということ。
長い時間をかけて出てきてしまった症状なので、
やはり完全に改善させるためには時間がかかります。

それを理解してもらった上で施術を受けてもらい、お帰り頂いております

上記のように自分でどうにもならない症状でお困りの方。
是非1度ご相談下さい。

僕たちがお役に立つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です