ひざ痛

あなたのその膝の痛みの原因、足首、股関節に潜んでいる可能性があります!

「ひざ痛」でお困りの方には
こんな方が多くおられます

下向き矢印

・長時間歩けない・正座ができない・階段が怖い・立ち上がりが痛い

なぜひざ痛になってしまうのか?

ひろ鍼灸整骨院の見解

痛みの場所にもよりますが、検診をする中で足首や股関節に隠れた問題がある方が非常に多いです。
例えば、股関節が外に開いた状態で普段行動していたり、股関節が硬くなった状態で動いていると、太ももの筋が硬くなったり弱くなったりするので、結果的に膝のストレスがかかっている状態になっています。
また、足関節が硬くなったり、捻挫後そのまま放置していてゆがんだままの状態だと、足関節の機能が低下してふくらはぎの筋が硬くなったり弱くなったりするので、こちらも膝にストレスがかかります。
その結果、膝にとって良くない状態での使いすぎで関節や筋に炎症が起こり痛みが発生します。

ひろ鍼灸整骨院で施術する中で
「ひざ痛」でお困りの方には
こんな共通項があります

下向き矢印

思い当たる節はありませんか?

  • 運動不足で足の筋肉が弱っている方
  • 過去に足関節の捻挫経験がある方
  • 無意識にガニ股で歩いている方
  • 正座ができない、違和感がある

もちろんこれらは一例です。当てはまらない方は、当院で徹底的に原因を追求し、根本改善に導きます!

ひろ鍼灸整骨院のひざ痛に対する施術について

まず痛みそのものを和らげるために鍼灸施術・指圧療法を行い、次に関節の動きを良くする運動療法に入ります。
ノルディックウォーキングのポールを使用し、トレーニングを行うことで、足の各部位が正常に機能し、バランスを崩すことなく安定した状態で姿勢よく歩ける形を目指します。

またお客様によって状況が異なるので、膝に炎症が起こっているかいないかで施術する内容が変わってきます。炎症には最大限気を使いながら、アイシングなどで炎症を抑えていき痛みのでる方向には動かしすぎないようにして、改善に導きます。

また主訴としてよく相談いただくのが、変形性膝関節症・鷲足炎・変形性股関節症・膝関節水腫、その他によく見られるのが外反母趾・魚の目・開帳足・内反小趾・O脚・足関節捻挫の既往症・FAIなどです。
これらの症状に対して「もう諦めるしか無いのかな…」ともう思わなくていいんです。一生その症状とお付き合いするしかない…と結論付ける前に一度相談に来てください。

施術後の注意点とセルフケアについて

自身でできるトレーニングやストレッチを指導します。
施術で整えた良い状態を長く続けてもらうためには非常に重要ですので、わかりやすく丁寧にお伝えします。

お客様から嬉しいお声を頂いております!

今ではすたすた階段も行けます!

50代女性 サービス業歩くだけでも右膝が痛くて、階段の上り下りが辛かったのですがここで治療してもらうと始めはちょっと楽かなぁ…ぐらいだったのに5回目には痛みがすごくマシになって今ではすたすた階段も行けます。本当にありがとうございます!

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

普通に歩けるようにして頂きました。

R・O さん 80歳女性昨年暮、ヒザの内側が痛みビッコを引きながら歩いておりましたが、院長、福家、森川先生のお蔭で普通に歩けるようにして頂きました。お若い先生方ですが、細かい気配りもして頂きリラックスの出来る雰囲気がいいですね。もっとしっかり歩く事ができるように頑張りますのでよろしく。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。

今、一番健康を実感しています。

M・Y さん 77歳女性週2回マッサージ、ストレッチ、その内1回はハリをしてもらっています。おかげ様で77歳を過ぎた今、一番健康を実感しています。先生方も若いのに優しさが嬉しいです。感謝しています。

※個人の感想であり、成果や成功を保証するものではありません。